感想日記

カウンター
  • トップへ
  • はじめに
  • 過去ログ
本サイトへ
管理画面へ


ジャンル問わず、何がしかについての感想を書きます。ネタバレご注意です。



 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

HGBFビルドストライクガンダムフルパッケージ+HGBCユニバースブースター

年末に部屋の大掃除をしたら部屋がめっちゃ片付いてスペースが出来たので
たくさんガンプラを買ってしまった話。


今回は2期が放送中のガンダムビルドファイターズより、あえて今1期の主役機を買ってきました。

ビルドストライクガンダムはフルパッケージ(ビルドブースター装備)と、
スタービルドストライク(ユニバースブースター装備)の2種類が発売されています。
ユニバースブースターは単品でも販売されているので、
先にフルパッケージを買ってしまった人も、単品買いでスタービルドストライクに換装できます。

今回はフルパッケージとユニバースブースター単品で購入。
後述するエフェクトパーツのためです。



というわけでまずはビルドストライクガンダムフルパッケージから。
事前に知っていたけど、ビルドブースターの成型色が青一色というのはちょっとつらいですね。

ビルドストライク自体はとても良い出来てで、色分けもほぼ問題なし。
一部グレー系の色が足りてませんが、正直あんま気にならないと思う。



可動範囲は特に肩・肘が優秀で、サーベルの両手持ちもできます。
本編でセイくんがこんなポーズさせてた気がするんだけど、録画見ても見つからなかった…。



レイジがサザキくんのギャンを倒したシーンも再現できます。

肩は引き出し式なのでライフルの両手持ちなどもいけます。
肘は二重関節で、一昔前のMGレベルで動かせます。最近のガンプラはすげーな!



お約束のSEEDポーズも。

録画見返してて思ったけど、ビルドファイターズのバトルは機体がぐねんぐねん動きすぎて
プラモ買ってポーズ取らせようとしても印象的なシーンが浮かびにくい気がします。
びゅんびゅん飛び回るので、印象的な1カットが出てこないというか。
贅沢な悩みですね。



フルバースト的な。
レイジの好みでないのか、大火力による派手な一撃、みたいなのは無かったですね。
というかユウキ先輩戦とマオ君の妄想バトル以外モブっぽい奴としか戦ってないので、あんま活躍した印象がない…。



羽は根本が結構フレキシブルに稼働するので、こんな感じにもできます。
ビルドブースターは羽が短いので、広げてるよりこうやってまとめてる方が好き。

ちなみにこのビルドブースターですが、ポリキャップレスで出来ています。
可動部もプラなので、割とあっという間にゆるゆるになります。
うちのは一連の撮影をしただけで右側の砲身がぷらぷらになりました。
こういうのって瞬着で太らせて直すんだっけ…?



ここからは単品販売されているHGBCユニバースブースター。

HGBFスタービルドストライクを買えばこいつもついてくるのですが、
ビルドストライクガンダムとセットで買うのと、こいつを単品で買うのでは付属のエフェクトが違うのです。

セットでスタービルドストライクを購入すると青い翼のようなエフェクト「プラフスキーウイング」が、
単品でユニバースブースターを買うと画像の黄色い強化エフェクト「プラフスキーパワーゲート」がついてきます。

両方入れろやって思うよね。



プラフスキーウイングはこれですね。
こんな光の翼をプラモで再現できるか!と思う。
実際HGBFスタービルドストライクについてくるのはちょっと造詣がいまいちで、今回はゲート目当てに単品買いしました。



プラフスキーパワーゲートはこっち。
どうやらこれをくぐると粒子のパワーが強化されるっぽいです。
プラフスキーウイングも、発動時にはスタービルドストライクが一度これをくぐって、その後全身から粒子放出が始まります。
色が違いますが、ライフルモードではこれを通したビームライフルが明らかに強化されて打ち出されていました。



コンソールには「スピードモード(プラフスキーウイング発動)」、「ライフルモード(上の画像の)」と
あとは「アクアモード」というのがあるのですが、これは劇中一回も使われませんでしたね。
せっかく水中戦までやったのに…一体どういう機能だったんだろう。



話は戻ってスタービルドストライクへ。
肩から胸のラインに白い装甲が追加、ふくらはぎにもパーツが追加されていますが、本体の違いはそこだけ。


印象の強い青が白い装甲に隠されることで、機体全体の色イメージが白に寄った感じですね。
赤・青・白だったのが赤・白+青って感じで、個人的にはこっちの方がフルパッケージより好きです。

ちなみにユニバースブースターの単品買いでも、
スタービルドストライクへの換装パーツはついてきますのでご安心ください。



ユニバースブースターはガンダムでは珍しい、白とピンクのデザイン。
今気付いたけどブースター本体のクリアパーツ外れちゃってるな…。
この外れてる部分に先ほどのプラフスキーパワーゲートが装着できるのです。



劇中何度も破壊されたアブソーブシールドも付属。色が足りませんね…。

プラモ組んで初めて知ったのですが、これビルドストライクのチョバムシールドの上から
粒子を吸収する追加装甲を1枚貼り付けたデザインなんですね。
全く新しいデザインの盾だと思ってた。

なおユニバースブースター単品買いだと、この増装部分だけ付属して、
元になるチョバムシールド本体はついてきません。
こっちはビルドストライクフルパッケージを買ってください。

.
せっかくなのでダークマター戦を再現したり。
ふくらはぎから出てきたエフェクトはさすがに付属されていませんでした。



ディスチャージライフルモードも再現可能。
吸収した粒子を盾からライフルに流し込みます。

が、ここは一個落とし穴があってですね。


左手の行き先がない…。
本編でやっていたように、この盾から伸びるケーブルをつかめないのです。
ここは盾の接続位置とか調整して再現して欲しかったなあ…。



最後にディスチャージスピードモードで飾っておしまい。
このエフェクト結構フレキシブルに動くのですが、スタービルドストライク本体とあちこち干渉するので
可動範囲ほど自由には配置ができません。

まぁ派手なのでいいんですけど!
この形態で飾ると奥行き結構必要になるのでご注意ください。


ということでビルドストライクガンダムフルパッケージ+ユニバースブースターでした。
今更、ですが当然ほんの1年くらい前に出たばかりのキットですので、出来は充分。
可動範囲、関節の硬さ、自立可能、色分け、合わせ目ほぼ無しと文句なしです。

その代わりバックパック2種は結構合わせ目が出たり、完全に単色成形だったりとちょっと厳しい。
造詣自体には不満はないので、きちんと色を塗ってあげることですかね。

多分私はいつものように、サフ吹いて完成ってことにするでしょうが!


スポンサーサイト

 

GUNDAM COSMIC LIGHT νガンダム

やべえこのままじゃ更新ナシで一ヶ月経っちまう!
ということで急ぎ食玩のレビューでも。

最近お仕事が忙しくて何かものを描いたり作ったりの時間が無いのです…。



今回紹介するのは、新しく発売された「GUNDAM COSMIS LIGHT」というシリーズ。
クリア成型されたモビルスーツをライトアップして楽しもうというグッズです。

単価は税抜き700円と結構お高めなのですが、
その分LEDライトとボタン電池封入済みで、開封すればすぐ綺麗なライトに照らされるガンダムが楽しめるという。
キャンディトイ事業部はたまに頭おかしい…。

この密度のがスーパーのお菓子売り場に並ぶんだぜ。



中には非稼働のフィギュアとLEDスタンドが。
飛行ポーズを取れるよう軸もついていますが、各関節は動かないので基本棒立ちです。
軸を使わずにスタンドの上に直接立たせることもできます。

このνガンダムのバリっぷりがたまらんですよね。



スタンドはこんな感じ。
左下の豆粒がLEDライトですね。
右端にへばりついてるのはスタンド同士をくっつけるパーツで、
2個以上買うと複数のLEDライトで照らすことができるのです。


こんな感じのシンプルなON/OFFスイッチで切り替えます。



ということで照らすとこんな感じ。
上半身は塗装してあるので透けませんが、そもそもライトがそこまで届かない感じ。
下半身からじんわり光ってる感じですね。

νガンダムのこれはサイコフレームの光ってことでいいんだっけ。
最近出たMGだとギミック追加されてユニコーンみたいに装甲分割して、中からクリアパーツとか見えた気がする。



LEDライトの本領発揮。
暗いところで光らせるともうサイコフレームというよりトランザムバーストです。
これだけ光ると上半身塗装してあるのがむしろ邪魔になるという。


ということでGUNDAM COSMIC LIGHTでした。
若干高い価格帯ではあるものの、「光る」というギミックのパワーは相当なものです。
夜、部屋の電気消した後無駄につけたり消したりしてます。



おまけ。
緑の光なので太陽炉搭載機に似合う似合う。
第二弾はぜひソレスタルビーイングのガンダムからいくつかお願いします!!!



 

COMPLETE SELECTION MODIFICATION カブトゼクター


当時、番組放送中に発売されたDXカブトゼクターを買って以降ずーーーっと思っていたんですよ。
カブトのベルト最大の魅力はあの「蛇腹状のベルト部分」だと。

DX版は本来子供向けの製品だけあって、塩化ビニール(多分)のノッペリとしたベルトを使っていて、
蛇腹もモールドで雰囲気だけ再現しているのみでした。
ベルトも腹囲50cmだか60cmくらいまでの人しか装着できなかったり。

そんな中、当時すでにコンプリートセレクションってシリーズはあって、
完全に大人向け本編で使われているデザインを再現
3~4万円という容赦無い価格オールOKとは言いがたい不満点が付いてくるという
いわゆる「完全版」の発売について微かな希望だけはあったのですが。

過去にはファイズギアなどがコンプリートセレクションと題して発売されていましたが、
このシリーズは大体30,000円前後という高価格商品で手が出しづらく、
またのちにネットでレビューを見てみると首をひねる仕様が多かったりと問題の多いシリーズでした。


が!

この度「コンプリートセレクション・モディフィケーション」という完全版+廉価という絶妙なシリーズで
ついにカブトゼクターが発売されました!
モディフィケーション、とは部分的な修正を意味する英単語で、
要は「大事なポイントに絞って本編再現を頑張る」かわりに「コンプリートセレクションより安価」というシリーズです。
販売はプレミアムバンダイの通販限定。今二次受注してるようです。

今回発売されたカブトゼクターは12,980円。
ゼクターは基本的に当時発売したDX版と同じものだが、代わりにベルトのデザインをしっかり再現してくれるという
私の望む仕様100%ど真ん中で発売されました。


というわけで以下カブトゼクターの話。



パッケージにはでかでかとカブトの大アップ。
梱包のダンボールにもロゴが印字されています。



蓋を開くとカブトの腰デザインの中蓋。ちょうど腰にカブトゼクターが収まっています。
公式ブログによると、当時のDX版のパッケージをモチーフにしてるそうで。
さすがにうちに当時の箱は残ってないですが…。



さっそくのカブトゼクター。
奥のが今回のコンプリートセレクションモディフィケーション版で、
手前が当時発売されたDXカブトゼクター版です。

造形は全く同じなので、基本的に違いはないですね。
よく見るとコンセレM版では一部塗装が追加されていますが。

そして写真では伝わらない部分なのですが、
コンセレM版はゼクターホーンがダイキャスト製になっています。
手に持ったときの重さは確かに高級感の演出になるんですが、角だけなので正直、重さのバランスが悪い。



そして今回の主役と言ってもいい、ベルト部分。
こいつ単体の呼び方ってあるんでしょうかね。



このベルトの重厚感!いやさすがに金属製ではないですが!
シブい照りといい緻密なパーツの連結構造といい、とにかくツボを刺激してくれます。



蛇腹パーツの中には布ベルトが通っていて、ベルト部分自体はこの布ベルトで装着します。
クロックアップスイッチも布ベルトにマジックテープ仕様。
まあここはしゃーなしだな。身につけたら見えない部分でカッコつけて価格跳ね上がっても嫌だし。


DX版のベルトと比べるとこんな感じ。
バックル部も塗装されて重厚さが増しているのですが、やっぱり見所は蛇腹パーツ。



さっそくゼクターを装着!
ゼクター本体のメタリックレッドとベルトの重厚感が見事なマッチング。
カブトが身につけていた様を思い出します。



中のLEDももちろん光ります。
ゼクターホーンを起こすとキャストオフ待機状態となり、待機音声が流れ続けます。



『Cast OFF!』
カブトゼクターのLEDは真ん中が緑なのがハイセンスで良い…。

ちなみに前述のとおり、ゼクターホーンのみダイキャストなので、身につけているとベルトが若干重みで前傾します。
やっぱこの仕様あんま嬉しくないよ!



装着部が同じ仕様なので、当時のDX版があればガタックゼクターも装着できます。
ゼクター自体は今見ても見劣りしないレベルの造形・塗装なので充分見られますね。



こっちも『Cast OFF!』

ちなみにガタックゼクターはゼクターホーンを倒しきったときに「ガチャコン」と角が稼働するSEが入っているのですが、
カブトゼクターにはそれがないんですよね(最初に角を起こす時は両方「ガチャン」言いますが)。
今回のコンセレM版でSEの追加ないかなーと思っていたのですが、ありませんでした。無念。


そして今気付いたのですが、
肝心の完全新規造形・新規SEであるところのクロックアップスイッチを撮影するのわすれました。
電池も別売で使えるものが手元にないので、後々追記します。
なおカブトゼクターの電池も別売です。今回は当時のDXカブトゼクターから持ってきました。



ということでコンセレM版カブトゼクターでした。
最後は手元にあるゼクターたちでしめ。トンボとハイパーゼクターとホッパーを買いそこねたのは未だに悔しい。
パーフェクトゼクターは悔しくない。

ゼクターはほぼ当時のままという点はありましたが、
DX版の完成度がもともと高かったのでそこはあまり気になりませんでしたね。
やっぱり、玩具化にあたって一番デザインがオミットされているベルト部分が本編を再現して出てくれたのが嬉しいです。
手に持って蛇腹部分を撫でているだけで多幸感に包まれます。脳の病院へ行け。

すでにWドライバーなどを発売しているコンセレMですが、今後も続いていってくれるのでしょうか。
個人的には大人サイズでイクサが欲しいところなのですが。
あれ手にはめてイクサ…爆現!やりたいよね。

 

ASSAULT KINGDOM5 ガンダムエクシアリペアII


400円でめっちゃ動く、カッコイイ(そんなフレーズはない)
でお馴染み、アサルトキングダムシリーズです。

普段からチェックしてるってわけじゃないんですが、
たまたまコンビニ寄ったらエクシアR2があるじゃないですか。
仕事中なのも忘れて買ったね。上司にはバレませんでした。



GNソード改を展開するとこんな感じ。
さすがにクリアパーツは再現されず。でもクリア(であった)部分自体はちゃんと造形されてますね。



他にも付属品としてGNビームサーベルが2本。
長刀・小太刀の組み合わせが上半身の深いブルーと相まって忍者チック。
さすがにGNブレイドとGNシールドはついていませんでした。



先端に開口はされてませんが、もちろん折りたたんでライフルモードにもできます。



GNソード展開して飾っておくだけでも本当にカッコイイ…!
ちょっと足りない色味はあとで足してやろうかしら。

今回のエクシアR2はメタルビルド以降からダークマターなどで印象的になった、
上半身マッシブ+小さめの足体型が強調されています。
腰を頂点としてすらっと流れるようなラインの足が本当に美しい。
また腰が大きいということはポーズに流れができるってことで、適当な構えでも結構かっこよくなるのです。



よく動くのでこんなわけわからんポーズも取らせてみたり。


というわけでアサルトキングダムよりエクシアR2でした。
しっかりした造形・適度な塗装・プラモにも負けない可動範囲・稼働するスタンドにガムまでついて400円。
一体どこで採算とってるんだろう…。

少パーツでがっしり組まれてるおかげで、ガシャガシャ遊んでもパーツが取れないのも大きな魅力。
ポーズ付けってどうしても全身動かすから、繊細なキットだと遠慮しちゃうんだよね。
でも400円で塩ビ製、早々壊れないこいつは遠慮なく動かすことができて、結果可動範囲を活かした遊び方ができるという。

膝立ちで射撃ポーズとれるデュナメスとか待ってます。

 

LBX グルゼオン


このダーティなかっこよさ!
肩に担いだ大型の鎌もかっこいいぜ!

というわけでLBX グルゼオンです。

ダンボール戦機ウォーズにて、
セカンドワールドという仮想世界・仮想国の設定を無視して
敵味方を問わず縦横無尽に暴れまわる正体不明のLBX。
単独で飛行できる空戦能力と、新型LBXの装甲をも容易く切り裂く巨大な鎌が特徴。

アニメ本編ではだいぶ正体や目的が明らかになってきましたね。
その分やられるシーンも出てきたりはするのですが、
先々週の冒頭、アラタとムラクを一人であしらう強さはやはり圧倒的でした。



機体が真っ黒の上に照明が弱くて、画像に補正加えていたらだいぶ荒くなってしまいましたが。
あと仮組なのでパーツはゆるめに止めています。

スタイルはとても良好。
アニメの印象から考えるともうちょい足が長くてもいい気がしますが、
上半身のゴツさから考えるとバランスが悪くなってしまいそうね。

LBXは組むたび色分けの緻密さに驚かされるのですが、
グルゼオンでもそれは健在でした。
特に赤の挿し方がすごい。おかげで合わせ目消すの大変そう。

一方で可動範囲はそこそこ程度止まりです。
本編で大暴れしてた分、身体をねじるようなポーズとかさせたかったんですけどね。
特に肩の装甲がかなり干渉して、肩アーマーはほぼ固定状態です。



合わせ目が結構多いです。特に腕と肩のは目立つ感じで。
ふとももなんてモールド入ってるし、ここはスルーでいいかなあ…。
きちんと立派にしてやろう!とか思ってると大抵途中で疲れちゃうんですよね…。



鎌は持ち手部分を差し替えてライフルに。
グルゼオンというと鎌のイメージなので、あんまライフル撃ってる印象がないんですけどね。



サフを吹いてみました。
私はこの全身が一色に染まった状態のロボットプラモが特に大好きで、
この状態で放置してある子が何人もいます。

グルゼオンは大型の赤いクリアパーツがあるので、単色にするとクリアがワンポイントで映えて特に良い…。



黒くなくなったおかげで、写真うつりが結構マシになりました。



そんなこんなでLBX グルゼオンでした。
単色のプラモは本当に美しい…。

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。