感想日記

カウンター
  • トップへ
  • はじめに
  • 過去ログ
本サイトへ
管理画面へ


ジャンル問わず、何がしかについての感想を書きます。ネタバレご注意です。



 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

RGガンダムエクシアリペア


プレミアムバンダイの受注限定品であるRGエクシアリペアです。

正確にはRGエクシアと組み合わせて作れるエクシアリペアの追加パーツ。
送料手数料を加えると量販店で買うRGエクシアより高くなるという。

上半身のダメージドパーツ・膝の欠損パーツ、折れたGNソード、左肩のマントを差し替えて作成します。
できないことはないけど、出来上がってるRGエクシアを分解して差し替えるよりは
リペア用に未組のRGエクシアを用意したほうがいいです。
説明書にも「組んでいないRGエクシアを使ってください」って注意書きがあるくらい。

普通のHGキットと違ってRGは構造が入り組んでる上に小さいパーツが多いので
分解するには細心の注意が必要ということです。



なんといってもやはりこのマントがいい…ロボットにマントっていいよね…
アニメ版メダロットのロクショウとかいいよね…

RGを組むこと自体今回が初めてだったのですが、
思っていたよりは組みやすい印象でした。
もちろんHGよりは手間が多いし、細かいパーツのゲート処理などはストレスにもなるんですが。
それでもパーツの緻密さなどに感嘆しているうちに完成してしまう、みたいな感じ。

中にはピンセット無いとこれ無理じゃね!?ってレベルの小さい細かいパーツもあったりして。
バンダイの成形技術はどこまで行くんだ。

あとランナーの段階で既に組み合わされてるパーツとかあるんですが、
あれ一体どうやって成形してるんだろう…。



半壊した顔。エクシアリペアの印象的な部分の一つですね。
自力でHGエクシア改造してリペアを作ろうと思った時、真っ先に障害となる部分だと思います。

せっかくなので赤く光らせたいところですが、小さすぎて電飾仕込むのはまず無理。
ティエレンの頭パーツを流用してるという設定だそうです。
マイスターは皆ある程度機械いじれるのかな。


そしてマント。
広い面積のが1枚と、それを覆うように前面に展開する1枚の2枚構成。
ボールジョイント接続で結構フレキシブルに可動します。

アニメじゃアヘッドのビームライフル食らっても焼失しなかったけど、何でできてるんだろうこれ。



シルバーのメッキパーツが綺麗なGNソード。
先端はガキッと折られていて、刀身がだいぶ短くなっています。
他にも刃筋がえぐれていたりとあちこちにダメージ演出が。

なにげにガンプラで銀のメッキって珍しい気がする。
あとシルバースモー以外に何かあったっけ…。



ということでRGエクシアリペアでした。
写真撮り始めて気付いたんですが、HGのキットと違ってお尻に3ミリ軸の穴があいてないので
手持ちのスタンドが一個も使えませんでした。

ので立っているポーズの写真しか撮れませんでした…。


さて、キット本体と追加パーツで結構なお値段になってしまいましたが、
このサイズ・クオリティでエクシアリペアのキットが手に入ったということが何より嬉しいです。

00で一番好きな機体なのに、キット化に恵まれなかったからなあ…。
MGは初回限定だったしね。

プレミアムバンダイということで気軽に買えないのが難点でしょうか。
モノは間違いなくいいので薦めたいところなんですが。
今からじゃ買えないというのもまた。

きちんとしたスタンドを買ったら、色々劇中のアクション再現したりしつつ写真を撮りたいですね。
ところでこの余ったRGエクシアのパーツどうしよう。


追記


積みプラの山の中にガンプラスタンドがあったのを思い出したので使ってみました。
股間の接触部分をよおく見ればわかるんですが、サイズ合ってません。
MG用だったなこれ…。



そもそも宇宙で戦うシーンしか無い機体なので、やっぱ浮かせてこそですね。
2期のBD1巻を見ながら遊ぶととても良いです。
アヘッドかジンクス3と戦わせたいですね。
スポンサーサイト

 

MG ガンダムX


16年の沈黙を越えてついに発売されたMGガンダムX!
これでついにTVシリーズのガンダム全てがMGになったのかな?

長年待たされただけあって、クオリティはとびきりです。
可動範囲の広さ、スマートな体型、色分け、パーツ構成、どれも文句なし。



背部のサテライトキャノンは結構重いのですが、支えナシでも自立可能。
とは言え重心は後ろによるので、足の角度やつま先でバランスとってあげましょう。

驚くべきはこのサテライトキャノン、合わせ目が出ないことなんだよ…。
背面に合わせ目あることはあるんだけど、段落ちモールドで演出されてるので全く気にならず。
というか普段見えない。



サテライトキャノンがある分、武器は少なめですねー。
シールドバスターライフルは縁の黒まできちんと色分け。差し替えナシでシールドに変形します。
今まであんまかっこいいと思ったことのない武器だったんだけど、MGの厚みとディティールのおかげでこれもかっこいい!


ショルダーバルカン。頭の横にガトリングがあるというのがちょっとこわい。耳とか火傷しそう。
さすがにこれは最中あわせして銃口部の蓋をつける3パーツ構成。
ここに神経注がれても組む時疲れるだろうけど。


大型ビームソードはさすがの迫力。
サテライトキャノン基部にある持ち手を取り外して装備します。
この「エネルギー有り余ってますよ」感のあるサーベルがとてもいい。
ターンAの超細い収束ビームサーベルの次に好きだ。全ビームサーベルで2番目だ。

シールドバスターライフルとビームソードは柄に穴が、持ち手にピンがついていて、
そこにはめることでかっちり持たせられる構造です。
もちろんピンのない握り手もあるので、対応しない武器も持つことができます。



各部のこれ(なんていうパーツかわからん)はクリアパーツに。
旧HGでは確かメタリックパーツだったよねこれ。
本編でクリア意識させるような演出あった覚えもないけど、X魔王意識してるんでしょうか。
まぁ色みの少ないガンダムなので、アクセントとしてはかなり綺麗でいいと思います。


リフレクターはプラとクリアパーツの間にホログラムのペーパーシートを挟んで光る構造。
七色に光るペーパーの反射光がクリアパーツで拡散されてめっさ綺麗です。
シールじゃないので簡単に入れ替えられるのもポイント。色セロハン入れてる作例とか見ました。


サテライトシステム基部はこんな感じ。
各部独立して回転し、サテライトキャノンを展開するときは全体を回転させて右手で持ちやすい位置に動かします。

ただここに一つ罠があって。


GXのフレームなどに使われるグレーのパーツは軟質プラで出来ていて、すごいもろいです。
ボキッと折れる感じでなく、写真のように白化して形が歪みます。
ちょっと他のパーツと干渉するだけでこんなになってしまうので、皆さん気をつけてください。



いざサテライトキャノン展開!かっこいい!!!1
肘・肩が柔軟に動いてくれるので難なく構えさせられます。


こんな感じで左手を添えることも可能。左手は添えるだけ…。
そしてやはり目を惹かれるのはリフレクター。縁のあたりが綺麗に光るのが素晴らしい。
光のアタリ方で淡白な色にも七色にもなるのがすごい。



最後にX魔王とツーショット。


ということでMGガンダムXでした。
シンプルなデザインラインを、下手に情報量を加えず「綺麗に」かっこよくなっている印象でした。
色分けも膝の赤やブレストバルカンまで完璧に分けていて、もう自分で手加えるところ無いな…ってレベル。
こんなクオリティの高いGXが現代にキット化されるとは、本当に良い時代になったものです。

 

HGBF ガンダムX魔王

※2013/11/11 画像ちょっと追加しました


ガンダムビルドファイターズに登場する「ガンプラ」である魔王X。
ビルドストライク、ザクアメイジング同様「ロボット」としての設定が無いガンプラです。

それにしても…まさかXからこんな形でリファイン、
2013年にもなってぐりんぐりん動くアニメーションでXが見られるとは思っていませんでした。
HGAWが出たり、DXも出たり、MGが内定してたり、と急に動きが多くなってきたガンダムX。
これを期に再評価の機運が高まるといいなあ。



というのはさておき、魔王Xです。
アニメではまだ「妄想バトル」でしか動いていないのが惜しいところですが、
プラフスキー粒子を活かした武装、サテライトキャノンなど見どころは見せてくれた魔王X。
特徴的だった逆手持ちのサテライトキャノンはプラモでも完全再現されています。




バックパックからキャノンお尻に繋がるアームがもう死ぬほどフレキシブルに可動し、
大抵の位置に移動させることができます。


構えて


引き抜く抜刀アクションも再現できます。
サテライトキャノンにサーベルが付いているのは原作どおりだけど、
腰だめに構えることで日本刀風のアクションを再現するとは驚きました。

最近出たばかりであるHGAWを原型としているだけあって、スタイルや可動は良好です。
新規パーツは肩・腕と足の追加パーツ、あとはバックパックかな?
アンテナが魔王オリジナルのデザインになっていますが、ランナーの都合上オリジナルGXのもついてきます。

関節を挟み込む構造が多く、その点はちょっと面倒臭いものがありますが
その代わり合わせ目は上手く隠されていたり、段落ちモールド処理がされていたりと
そもそも合わせ目消しをする必要がないように構成されています。

目立ちそうなのは腕の内側(外側は腕の装甲で隠れる)と、肩か。
腕はともかく、肩は後ハメ加工不要なのですぐ消せるかと。

特徴的な紫のパネルラインがシールだったのはちょっと惜しいところ。
HGでこのラインを別パーツに分けろというのは酷か。



シールドバスターライフルは銃モードと盾モードの両方がついてきます。
昔のHGは確か差し替えで一個だけついてくる仕様だった気がするなあ。



というわけでサーフェイサーを吹きました。
やっぱり単色のプラモデルは本当にかっこいいわ…クリアパーツも映える…。



もうこれ完成でもよくね…?
キャノンにいまいち綺麗にサフ乗ってませんけど…。



まだ考え中だけど、グレーサフの色味とパネルラインを利用して
スターゲイザーみたいな色に仕上げたいなーと思っています。


てことで魔王Xでした。
もう本当に良い出来。こんなXが現代にキット化されるなんて、と神の存在を信じたくなる。
アニメでもすごい動いてかっこ良く決めてたし、マオ君も今後ライバルとして活躍してくれそうだし。
これは後継機として大魔王DXを期待せざるを得ない。

 

HGBC GPベース


本日出荷のガンプラベース。
ガンダムビルドファイターズに合わせて、自作のガンプラを紹介するベース付きのスタンドです。
量販店で600円弱くらい。



ベース部分には作者・ガンプラのデータを書き込めます。
ビルダーとファイターが別なのはセイとレイジの関係があるからこそでしょうけど、
基本ビルダーとファイターって同じ人だよね。

ガンプラにはスケール、クラス(?)、ナンバーと名前が書き込めます。
スケール書き込めはするけど、サイズ的に1/144以上は結構厳しそう。




LEDユニットを入れるスペースがあって光らせることができます。
まぁLEDユニット持ってないんですけど…。



スタンド基部は2箇所の回転軸があります。
下はくるくる回せますが、軸棒の基部は直接回転はできず差し替えて角度を変えます。
この値段じゃリボルテックみたいなクリック可動は無理か。



先端も同じく差し替え可動。
軸は3ミリです。
SEED-D以降くらいからスタンド対応が基本みたいになってるので、
大半のガンプラは問題なく接続できるんじゃないでしょうか。



うちのアデルレイザーを載せてみました。
股下から棒軸で接続するとちょっと足開き気味になっちゃうよな。
ちなみに軸はぴったりでした。まぁ普通3ミリ穴だしな。



表面のクリアーカバーは普通に開きます。
ベース部分は紙で、説明書を切り取って使用します。

開いてみると結構安っぽく見えるけど、
カバーがクリアグレーなので閉じると結構違和感なく見えます。
少し深さがあるので紙の切り端も見えませんし、プラの厚みで隠れるので
普通に机の上に置いてると本当にデジタル表示みたいに見えてすごい。



こいつのすごいところは、スタンドとして使わない時には
こうして軸部分を裏面に収められるところです。

スタンドを使わないときってどんな時だよ、って思うけどこの気遣いは素晴らしい。
裏面には先端を収めるくぼみがきちんとあるのです。



そして軸部分をしまったときのベースのデザインが未来のスマートフォンみたいでかっこいい。
AGEデバイスみたいやなコイツ。


というわけでGPベースでした。

これまでもバンダイ公式のガンプラスタンドは結構数が出ていましたが、
こいつは「自分のガンプラを紹介できる」という他にない機能を持った革新的なスタンドでした。

あととにかくデザインがかっこいい。

劇中に登場しているという点も含めて、理想的な世界観の拡張グッズだと思います。
実用性もあるしね。

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。