感想日記

カウンター
  • トップへ
  • はじめに
  • 過去ログ
本サイトへ
管理画面へ


ジャンル問わず、何がしかについての感想を書きます。ネタバレご注意です。



 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 BD4巻


BDリリースも中盤にたどり着いて4巻です。
発売からもう一ヶ月経っちゃってますが、4,5巻の話(夏合宿)は続きモノなので一ヶ月感視聴を我慢していました。
合宿の話は特に好きです。



特典のブックレットには、アニメでカットされてしまった5巻序盤のエピソードがコミカライズされています。
作画は妄言録の人です。
描きおろし漫画が掲載されてるブックレットって中々豪華な気がする。




あとは2巻でもあった、原作者先生の書く各話解説と紙ブログ。
特に紙ブログは言いたい放題書かれてて、千葉県民は必笑です。
埼玉と茨木の扱いが千葉県民すぎる…。

この調子で渡航先生には千葉をテーマにしたエッセイとか書いて欲しい。
もちろん俺ガイルも続き書いてください。



#6「ようやく彼と彼女の始まりが終わる。」


ガハマさんが去ってしまった奉仕部。
互いに勝手に読書をしているだけで、そこにはロクに会話もなく。
この机の位置にガハマさんが居ないだけで、こんなに空っぽに見えてしまいます。



ガハマさんに気持ちを伝えるために、プレゼントを買いに行く二人。
かつてこんな殺伐とした擬似デートがあっただろうか。

雪ノ下は結構楽しんでるけど…ヒッキーは変わらず内心で予防線を引いて。
勘違いしないように…っていうのはヒッキーの常だけれど。
コレが擬似でもデートだって自覚は持ってる所がヒッキーの主人公として珍しいところだよね。



そしてあねのん初登場。
この頃は特に何がしたいのかわからなくてとびきり不気味でしたね。
文化祭のくだりでだいぶ本心が見えた気はしますけど、まだ何か隠しててもおかしくない感じです。



元々ただの誤解から始まったところだったので、和解はすぐに。
原作だとここで材木座の絡んでくるエピソードが一本挟まるのですが、
アニメの尺は元々不足している感じだったのでまるまるカット。

原作を読んでいるとわかりますが、2本の話を結構綺麗にまとめています。
時系列ちょっと変えたり、カットした部分に合わせて会話の流れを変えたり。

かくして、奉仕部の今が出来上がったという話。




#7「ともあれ、夏休みなのに休めないのは何かおかしい。」



ストーリーのターニングポイントとも言える、夏合宿の話です。
私が俺ガイルで一番好きなエピソードでもあります。

この話から明確に
・ぼっちのヒッキーにしか見えない世界があって
・リア充の葉山には見えない世界があって
・ぼっちだから救える人がいる
という本作のテーマ(と勝手に思っている)に即したエピソードになっていきます。



この話で印象的なのは、やはりイジメの存在に一瞬で気付く二人とそのアイコンタクト。
その被害者であったことのある二人は、すぐにその存在を察知します。

ぼっちの性質、置かれている状況、取るべき対応。
葉山にはわからないことも二人ならわかります。

しかしぼっちには自立心こそが重要だと理解している二人は、積極的に手を差し伸べることはせず。
そこが逆に、葉山のすぐ手を差し伸べてしまうところとの対比にもなっていますね。

BD4巻では前後編のこの話の全編のみを収録。
数少ない続き物エピソードでBDをまたぐとはまさに外道!
これ原稿には書いてない即興のセリフだったらしいな。



オーディオコメンタリー

大体法則性がわかってきましたが、要はパッケージ記載のヒロインとヒッキーによるコメンタリーですね。
今回は平塚先生役の柚木涼香さんです。

この人がもう本当なんていうか
リアル平塚先生だった。

コメンタリー中でも言っていましたけど、キャラクターに引っ張られて婚期焦ったり、
若い江口くんに迫ってみたりと、中の人っていうか同じ人だこれ!って感じでした。
あととにかく下ネタが多い!

話自体はアニラジ的な、収録裏話が多かったです。
ただきちんと作品の見どころにもちょいちょい触れています。
特に「心のエグい部分に触れることの作品としての良さ」的な話はまさにいちファンとして触れてくれて嬉しいところ。

確かに「内心思ってても言えない」ことについてこの作品は結構真正面から描いています。
ヒッキーは本当、そういう題材にピッタリの素晴らしい主人公だと思う。
けどもうちょい幸せになろうとしてもいいとも思う…。



映像特典「やはり俺の千葉観光はまちがっている」


前巻から始まった、千葉観光をめぐるチャレンジコーナー。
今回はガハマさん役の東山さん回です。

早々に台本の読みを間違えたり、江口くんに翻弄されてクイズの大半失敗したり、
うわあ中の人っていうか同じ人だ、って感じだった!

特に江口くんに振り回されてクイズ外しまくる様は結構かわいかったです。
この作品本当中の人とキャラクターの距離感が近い。

次巻は雪ノ下役の早見さん回だそうで。
さいちゃん回はないんですかね…。


これを書いている段階でもう5巻は出ていて購入済なのですが、
5巻は特典小説のラストが含まれていますので、更新はちょっと遅くなってしまう…かも。
スポンサーサイト

 

とつかわいい♪


うわああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ





うわああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ





うわああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ





うわああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
ああああああああああああああああああああああああ○あああ○あああああああああああああ
あああ○ああああ○あああああああああああああああ○ああああ○ああああああああああああ
ああああ○ああ○ああああ○○○○○あああああ○○○○○○ああ○ああああああああああ
あああああ○○ああああ○あああああ○ああああああ○あああ○あああああああああああああ
ああああ○あああああああああああああ○あああああ○ああああ○ああああああああああああ
あああ○ああああああああああああああ○あああああ○ああああ○ああああああああああああ
あああ○ああああああああああああああ○あああああ○ああああ○ああああああああああああ
あああ○ああああああああああああああ○あああああ○ああああ○ああああああああああああ
ああああ○ああああああああああああ○ああああああ○ああああ○ああああああああああああ
あああああ○○○○あああああ○○○ああああああ○あああああ○あああああああああああ
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ




週末更新します!!!111102

 

戦姫絶唱シンフォギアG BD1巻


アニメは最終回まで録画してから一気に見たので、作品に触れてからまだ一週間ちょいなのですが、
一気に見た分一気にハマってしまったのでBDを揃えることにしました。

1巻は二人のガングニール奏者。
思えばこの二人まともに戦ったことないな…。

シンフォギアGのBDは「初回限定版」ではなく「期間限定生産版」。
よって発売日に買いそこねても再生産がある模様です。
私は在庫切れ後にAmazonで注文したら、数日で在庫引当の連絡が来ました。
まぁどっか別のところの在庫引き当てたのかもしれんけど。



中には本編BD、サントラCD、ブックレット。
アニメのBD1巻によくある三種の神器です。

ブックレットには各話紹介、ビッキーとマリアの設定画、そしてキーワード解説。
キーワード解説は公式サイトに有るのと同じものです。

サントラは本編のキー曲となったマリア・セレナの「Apple」の他、
2話までに流れた曲から?いくつかと、ビッキー・SAIMORI・マリアの聖詠、2話の絶唱が収録されています。
特に絶唱後に流れたBGM「S2CA / Voltage Maximum」がかっこよすぎてすごい。


本編BDには1・2話とイベント映像が収録されています。
この手のアニメには珍しくオーディオコメンタリーはなし。
その代わりWEBで見られた次回予告と特殊OP、監督直筆のコンテが収録されています。



ちなみにBD版では、テレビ版で減光処理されていた部分も綺麗に表示されます。
派手な火花散ったりのエフェクトが多い場面でこそそういう処理が多かったので、
この違いだけでもBDはありがたい…!


#1「ガングニールの少女」

1期の序盤エピソードと対になるように?構成された2期1・2話。
ライブ会場に行くのはビッキーでなく未来、やはりノイズの襲撃、絶唱など
展開そのものは重ねつつも今度はビッキーたちが戦う力を以って被害をゼロに収められるという。



冒頭は大量のノイズ相手にビッキー・クリスちゃんの戦闘シーン。
聖詠を唱えてギアを装着、
「挿入歌が流れる」のではなくキャラクターが歌いながらの戦闘、
必殺技のカットイン、とシンフォギア戦闘の基本がみっちり詰まっています。

特に「挿入歌が流れる」のでなく「キャラクターが歌いながら戦闘をしている」ってのが
これ結構こだわりというか、気合入って作ってる感が出ていて好きです。
歌詞の流れに合わせて映像にタメが作られていたり、CD版と違う歌い方で決めたり、
CD版とは違う魅力がアニメ映像の中にきちんとあるっていうのがとても良いです。

ちなみにこの時襲ってくるノイズは、恐らくすでにウェル博士の支配下。
ソロモンの杖はこの段階でケースから取り除かれてウェル博士のコートの中に収まっているはずなので、
ウェル博士は襲われながらも身の安全が確保されている状態なわけですね。

OTONAが「ソロモンの杖以外にこんなことができるのは…」と気にしていましたが、
思考の隙を突かれているというか、まさにソロモンの杖でこんなことをしているという。

「とっておきたいとっておき」は2話で早々に見せてもらえましたね。





小野勝巳監督ということをふまえて考えると、
決闘者的にやっぱビッキーのパンチはスクラップフィスト感全開。




後半はSAKIMORIとマリアのライブパート。
BDの効果を実感するのは背景の観客たちか。
地デジともなると普通の映像は充分綺麗に見えますが、この密度のエフェクト演出はBDになってこそ。

この不死鳥のフランメもCD版を流すのではなく、ライブに合わせてきちんと歌っています。
二人とも歌い方が超安定しているので最初気付けませんでした。

あとこの歌かっこよすぎてこのライブ以降一回も流れなかったのが本当もったいない…。
最終話共闘展開になってから、SAKIMORIとマリアでこの歌唄いながら戦って欲しかったなー。



突然のノイズ襲撃はこれもウェル博士、ひいてはFISの仕込み。
あおいさんの「一連のノイズ襲撃が無関係とは思えない…」はまさに正解。全部ウェル博士のせい。

「うろたえるな…」というマリアのセリフは自分自身に向けてのものかな。
最後まで人の命を奪ってまで戦うべきか、と迷い続けるマリアの最初の迷い。
ただのやさしいマリアはこの時から優しかった。

「私がSAYABASHIRUことを躊躇うとでも思ったか!」という言語センスが実にSAKIMORI。
「貴女のように誰もが誰かを守るために戦える世界だったなら、世界はもっとまともだったかもしれない」とは
月の落下を隠蔽しているBEIKOKUに対して怒りを燃やすFISの心そのもの。
最後まで見てから見返すと、きちんとマリアのキャラは一切のブレなくブレていく話だったとわかりますね。


マリアがガングニールを装着して1話は終わり。
ビッキーの中にあるガングニールもガングニールの「欠片」なので、
他の欠片からガングニールを作ること自体は不可能ではないんでしょうかね。

ちなみにシンフォギアには
「適合率が低いほど黒く、適合率が高いほど白くなる」というまことしやかな噂があります。
(ファンの推論であって公式に回答があるわけではない模様)
黒いガングニール…ね…。
最終話のマリアは真っ白だったし、やっぱり無理をしているという現れなんでしょうか。



#2「胸に力と偽りと」

このサブタイトルはやっぱビッキーのことですかね。
調の言う「偽善」ってビッキーを見ているとあんましっくり来ないのですが。
あの「偽善」ってセリフはビッキーよりも、調のメンタルがそれだけ荒んでいるって表現にしかなってなかったよな。

冒頭の観客を逃がすシーン、計画開始早々にマリアとマムの考えに食い違いが。
「血に汚れることを恐れないで」とは最終話間際までマリアにのしかかる問題なのですが、
そもそも計画の方向性がきっちり統一できていない、という現れですね。

…なんで国土の割譲なんて求めたんでしょうかね…。




会場の映像を遮断したことで、SAKIMORIが遠慮無く戦うことができる環境に。
緒川さんのファインプレーですが、この人本気になったら一人でマリア制圧できそう。

ということでついに奏者VS奏者。
マリアはアームドギアを温存しつつ攻撃回避と中々侮れない体捌きをしています。
彼女たちの戦闘技術はどこで身につけたものなんだろう。



調と切歌も合流して奏者3人VS奏者3人の構図に。
相対はビッキーVS調、SAKIMORIVSマリア、切歌VSクリスちゃん。
といっても感想で書いたとおり、敵対がテーマではないのですが。




フォニックゲインが高まらず、宣戦布告も失敗に終ったFISは
時間を稼ぐための増殖型ノイズを置いて逃げ去ります。
FISはこうやって追い込まれて逃亡する展開が多すぎる・・。




そして1期とまた対になる絶唱展開。
あの時SAKIMORIは失敗して汚絶唱顔晒していましたが、今回は無事成功。
ガングニールの特性である「手を繋ぐ」という能力もバッチリアピールです。

「あんなバケモノの相手をするのも私達の努め…」というマリアの言葉が重い。
成層圏付近まで届くエネルギー放出してる奴相手にフォニックゲイン30%程度のメンバーでは到底勝てようもない…。

ということで序章が終ったところでBD1巻は終わり。
各巻2話(最終巻のみ3話)なので、2巻ではクリスちゃんの特殊EDまでですね。
とびきり印象的なところなので今から楽しみです。



映像特典


特典は1話上映会後に行われたトークショー。
ビッキー、SAKIMORI、クリスちゃんの中の人によるイベント映像でした。



1巻というのもあって調子こいてキャプチャ撮り過ぎた気がする…。
2巻からはもう少し控えめにやりたいと思います…疲れるので。

 

戦姫絶唱シンフォギアG 感想

わざわざ総括ではなく感想と書いたのは
1期を見ていなくてつかめていないところが多いためなのですが。

撮りためて一気見したけど、
一気に見てしまうのがもったいないくらいエンターテインメントにあふれたアニメだった!

各回必ず入る挿入歌もさることながら、
熱くてかっこいいキャラクターたちやネタに事欠かない展開、
王道から外れることのないクライマックスなど、一切文句なしに楽しめるアニメでした。



「この拳も、命も!シンフォギアだ!」

特に惹かれるのが主人公である立花響のカッコよさ!
劇中ではまぁもう勘弁してあげてよってくらい重荷を背負うことになるのですが、
それのことごとくを気合と根性と絆で乗り切っていくタフさがたまらない。

トラウマほじくられたり人間じゃない何かになりそうだったり親友洗脳されたり、と
いくら主人公でもそのうち1個あれば充分じゃないですかね…っていう展開が山盛り。

特に体がガングニールに侵食されて、これ以上変身すると命にかかわるよって言われてからの、
友達の前に当たり前のように飛び出して変身して上のセリフ叫ぶシーンでね。
ちょっと泣いてしまいましてね。
歳重ねると全力でかっこいいシーンに何故か胸打たれて泣くよね。



その後の場を収めるのがマシンサキモリ―で飛んできたSAKIMORIっていうのが吹くけどね…。
ギャグとシリアスとシリアスなギャグをごちゃまぜに詰め込んでくるからこのアニメは油断できない。
それっぽく見せてるけどバイク自体は一切変形してないとかすごい。



クリスちゃんは可愛かったです。

いや、戦闘でもかっこよくはあるんだけど、メインストーリーにあまり絡まないというか。
多分だけどクリスちゃんの話は1期で片付いてて、
今こうやってビッキーたちと一緒に戦って、学校通ってるってこと自体が大事なんだと思う。
1期のストーリーぼんやりとしか知らないけど…。



そのかわりかわからんけど、SAKIMORIはとにかく機転の効く頼もしいシーンが多かったですね。
切ちゃんの必殺技さらっと回避したり、背後から後頭部撃たれて無事だったり。
後頭部に銃弾食らって包帯で済むって、この人何したら死ぬんだろう…。



一方で世界中に宣戦布告をしたFIS組なのですが。

こちらはちょっと拍子抜けというか。
敵対こそしてきたけどライバル感はあんま無かったというか。

真正面からぶつかり合ったのは4話目くらいまでで、
その後はこちらが「悪者」の枠から外れてしまったので、
倒すべき敵ではなくなってしまって、結果戦いがあまり盛り上がらなかった感。



平和にしていると可愛い歳相応の子という描写が多くて。
そんな子たちが正義の為に悪を成そうとしているっていうのは燃えるところではあるんです。

でもそのうち行動そのものに迷いを持って、フィーネに絡んだ葛藤も出てきてしまって、
やっぱりこの二人も「悪者」ではなくなってしまう。

悪者でなくなること自体はいいんですが、悩んだ結果この二人で戦い始めてしまうおかげで、
いまいち進行方向の先に立ちふさがっている感がなくなってしまったんですよね。
主人公であるビッキーたちと別のラインで物語が進行している感じ。

調の「偽善者」発言も、切ちゃんの(勘違いとはいえ)悩む「フィーネの侵食」も、
特に劇中具体的な山場を迎えることなく終ってしまった感じ。

色々ともったいないなあと思わざるを得なかったです。



そんな中最後まで悪役でいてくれたのがウェル博士。
正直シンフォギアGのキャラクターの中で一番好きです。
ビビっても無様に転げ落ちても諦めずにここまで辿り着いた執念を褒めてあげたい。

中の人の熱演もあって、悪役という個性を見事に魅力にしていました。
「奇跡が一生懸命の報酬なら、僕にこそォ―――!」は間違いなく名言。本当に頑張った。

最後まで見るとマリアたちは「悪者」ではなくて「迷いながらあるべき道を探す主人公」側の人間とわかるのですが、
そういう着地点にたどり着くとわかるまではふわふわした根性のない敵に見えてしまったため、
一切ブレない博士がいっそう好きになりました。


なんというか、シンフォギアGの物語って2つのラインがあるんですよね。
月の落下を阻止するために誰からも褒めてもらえない孤独な戦いに望むFIS組と
その事情は知らずテロリストとしてのFISを止めようとする2課組の2ライン。

敵対こそすれ、彼らはどちらも自分の正義と信じるもののために前に進む話であって、
そもそもが2つが対立してぶつかりあってどうこう、っていう話ではない。
ウェル博士が暗躍したしFIS組も正しいやり方ではなかったから2課とぶつかったけど、
そもそもこの2組が戦う必要なんてものはなかったわけで。

だからこそフロンティアにたどり着いてからは2課VS FISって構図にはならなかった。
話の中で少しずつズレてきてしまったところを正したり、
これ以上の被害拡大を阻止するために策を講じたりとそれぞれの戦いが続いた。

ので、新しい奏者VS2課って構図は最初からなかったようなものなんですよね。多分。
2課の役目はFISを止めようとして、止めてあげて、最後には手を繋ぐことだった。
ってことを理解してから見直していくとだいぶ違って見えました。



それはそうと、なんなのこの人


なんなのこの人!

OTONAたちがとにかく頑丈で頼もしいのもこのアニメの特徴でした。
マム合計何リットル血を吐いたの…そしてそのアーマード車椅子は何なの…。



そして外せないのが393の存在。

もうね。最高だった。

「戦うべきではないキャラクター」っていうのを逆に全面に生かしてた。
洗脳されて出陣。
大好きな友達が、もう戦わなくていい世界のために戦う。
弱いんだけどシンフォギア特効持ちでみんなを追い詰めていく。
そして満を持してビッキーとの対峙。

撃墜ではなく、ギアを破壊しての決着もとても良かった…。
ビッキーの内側を蝕むガングニールも消えたし、これが最終回ですって言われてもいいくらいだった…。



ギアのデザインも最高にクールだった。
足に比重を置いたホバー飛行といい、腕から伸びる鞭といい、戦闘時に閉じるヘッドギアといい。
そして固定ポーズから放たれる超極太ビーム!
歌いながら放たれる流星はもう何これラスボス?って感じだった!



たまらなかったのでとりあえず絵描いてきました。


そして挿入歌の「歪鏡・シェンショウジン」の重さ。
みく→ひびの募りに募った想いが詰め込まれすぎてて迂闊には聞けないレベル。

私は絶対譲らない もう遠くには行かせない
こんなに好きだよ ねえ 大好きだよ


事件性を感じるレベルの重い愛。
実際未来さんはこの段階でビッキーの体が人間じゃなくなってきていることを知っているので、
その想いの切実さも焦りも、視聴者と同じ目線で危機感を覚えていっているのです。

ましてビッキーは「自分の命を使いきってやろう」という若干破滅型な思考の持ち主。
このままだと死ぬというのに平気へっちゃらと言ってSAKIMORIに怒られてたりしましたが。
おかげで「ビッキーが戦場に立つ」=「遠からず死ぬ」というのは一切冗談ではないという。

どう思われようと関係ない
君一人だけには 背負わせたくない


私は絶対許さない こんな自分を許せない
だから戦うの そう 戦うの


上記したとおり、未来は本来戦うキャラではないんですね。
そういうキャラが戦場に出てきてしまうっていうことに、少年漫画とかだとよく批判が出ます。
誰も彼も戦闘キャラにしてしまうのはどうか、と。

武装錬金とか、その辺妹や友達を守るべき日常の象徴として通し続けてて好感だったのですが、
シンフォギアGではその真逆を行って、守るべき存在が戦場に出てきてしまったからこその展開を描いている。
それが「日常キャラが戦うか/戦わないか」目線しかなかった自分的にはとても新鮮でした。


キャラソンは重さと演出のかっこよさで「歪鏡・シェンショウジン」が一番好きなのですが、
まぁ言うまでもないけどいい曲揃い。
個人的には「不死鳥のフランメ」や「教室モノクローム」の戦闘以外の曲が好きです。

不死鳥のフランメはまさに1話、風鳴翼のかっこよさを見せてくれる曲で、
Aパートの正義を信じて、握り締めてと合わせて「あぁ、このアニメ見よう」と思わせてくれた曲。
ライブらしい背景モニタを使った映像演出や、客の合いの手を盛り込んだ曲構成が見事。

教室モノクロームはもう、言うまでもない。
クリスちゃんかわいいのプロモーション映像だった。
これまで日常から遠いところに居た子が、学校に来て、同級生に迎え入れられて、ステージに立って。
ちょっと恥ずかしがりながらも段々と声を張っていって歌いあげて。
偵察に来ていた切歌と調まで惚れ惚れしちゃうほど歌いあげて。

憧れの制服 カバンには流行りのキーホルダー
普通の女の子みたいな時間を ありがとうみんな


太陽が教室へと 差す光が眩しかった
雪解けのように何故か涙が溢れて 止まらないよ
こんな こんな 暖かいんだ
私の帰る場所


っていう歌詞が実にこう…泣ける…。
ここに映像演出と、歌い終わった後のオーディエンスの歓声が相まって
4話EDはシンフォギアG全編の中で一番歌の使い方が綺麗だったと思う。


大体言いたいことは言い切った感じがするので、
あとは毎月のBD感想で語っていこうと思います。
とりあえず今期アニメではトップクラスに楽しいアニメでした。
1期見たい!

 

2013秋アニメ

今期見るアニメ一覧
あと遊戯王とかイナイレ・ダン戦とか。
ほぼ個人的メモ。


超青春姉弟
テレビ東京 毎週金曜 25時53分~ 2013年9月13日

ミス・モノクローム
テレビ東京 毎週火曜 25時時35分~ 2013年10月1日

境界の彼方
TOKYOMX 毎週水曜 24時30分~ 2013年10月2日

京騒戯画
TOKYOMX 毎週水曜 25時30分~ 2013年10月2日

凪のあすから
TOKYOMX 毎週木曜 22時30分~ 2013年10月3日

アウトブレイク・カンパニー
TBS 毎週木曜 25時28分~ 2013年10月3日

インフィニット・ストラトス
TBS 毎週木曜 25時58分~ 2013年10月3日

リトルバスターズ!Refrain
TOKYOMX 毎週土曜 22時30分~ 2013年10月5日

声優戦隊ボイストーム7
日本テレビ 毎週土曜 26時05分~ 2013年10月5日

ファイ・ブレイン~神のパズル~
NHK Eテレ 毎週日曜 17時30分~ 2013年10月6日

てーきゅう
TOKYOMX 毎週日曜 22時27分~ 2013年10月6日

メガネブ!
TOKYOMX 毎週日曜 24時~ 2013年10月6日

ぎんぎつね
テレビ東京 毎週日曜 25時5~ 2013年10月6日

ガンダムビルドファイターズ
テレビ東京 毎週月曜 夕方18時~ 2013年10月7日

黒子のバスケ
TOKYOMX 毎週火曜 23時~ 2013年10月8日

俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している
TOKYOMX 毎週水曜 深夜1時~ 2013年10月9日

ガリレイドンナ
フジテレビ 毎週木曜 24時50分~ 2013年10月10日

革命機ヴァルヴレイヴ
TBS 毎週金曜 25時55分~ 2013年10月11日

ポケットモンスターXY
テレビ東京 毎週木曜 19時~ 2013年10月17日

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。