感想日記

カウンター
  • トップへ
  • はじめに
  • 過去ログ
本サイトへ
管理画面へ


ジャンル問わず、何がしかについての感想を書きます。ネタバレご注意です。



 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

艦これノベライズ 陽炎、抜錨します! 1


さて、今日は艦これノベライズ版の感想です。
大量のメディアミックスで何がどれなんだかわからない昨今ですが、
ノベル版はそこまで数が多くないので把握しやすいです。

表紙を見てのとおり、陽炎を中心にした、駆逐艦による艦隊がストーリーの中心軸。
・陽炎
・曙
・潮
・皐月
・長月
・霰
の6人による駆逐艦隊と、数名の重巡、戦艦が登場します。

正直言うとメインの駆逐艦はゲームやってて育てたことのない、
どんな喋り方するかも知らない子ばかりでした。
駆逐艦は時雨と不知火と漣しかわからん。

のですが、噂でマイ・フェイバリット艦娘の高雄が出てくるということで聞いた即日買いに行きました。
出てた。
出てたけど、同型艦の愛宕の方がメイン級の扱いだった。
いや愛宕も好きなんだけどね…一回も建造できたことないからね…やっぱよく知らないんだよね…。
金剛型4姉妹も出てたけど、金剛以外会ったこと無いし…誰が誰かわかんないし…。


とまあ知らない子ばっかりだったんですが、これがまぁ全く問題ありませんでした。

版権ものにありがちな悪癖と言っていいのでしょうが、
「原作知ってるでしょ?」という前提でキャラの紹介や掘り下げを飛ばす、みたいなことが全くなかったのです。
むしろ掘り下げがメインだった。

どうにも上手くまとまっていないお荷物艦隊が仲良くなっていく、というストーリー展開を軸に、
各艦娘を少しずつ掘り下げながら描写していくのが大体本編の8割。
なぜお荷物艦隊になってしまったのか、何がいけなくてそうなったのかじっくり丁寧に描いてくれており、
その過程で誰がどんな子なのかも少しずつ見えてくるように構成されています。

本当こういう作品の「上手さ」の指標としていいと思うんだけど、
読む前は艦娘の名前の区別がつかなかったのに、読み終わる頃には出てた子の名前全部覚えてるんだよね。
挿絵と合わせて顔と名前一致させられるようになりました。

文章もとても読みやすくて、読んでて「うn?」ってなって読み返すみたいなことも無かったです。
専門用語は出てくるのですが、邪魔にならない程度に軽く解説してくれるのでこちらも問題なし。

艦娘や世界観の設定もちらほらと読めるようになっているので、
そこが気になる人も読んでみると楽しいかもしれません。
この世界スマートフォンあるんだな…。

ちなみに提督も出張りすぎない程度に登場。
アニメ化したら口から下だけ映ってセリフと仕草だけで描かれる感じの描写感。
でもよくある提督像にならってどうしようもない駄目提督っぽさもあり。
「あの人(提督)は鳳翔さんか雷に頭を撫でてもらえばなんでも言うことを聞く。二人を買収しろ」
からほとばしる駄目男ぶり。
でも最後ちょっとかっこいいです。

さて、お話は上記のとおり、全く上手く行かない駆逐艦隊の成長ストーリーがメインです。
8割が掘り下げと言いましたが、残る2割できちんと深海棲艦との激しいバトルも描かれています。

文章媒体なことを活かして、戦闘中装備が少しずつ駄目になっていく様とか、
敵の射撃が補正を重ねて少しずつ迫ってくる様とか、
多分絵で描かれていたら逆に気付かないようなところから、かなりの緊張感を持って描かれています。

このストーリーが王道だけどすごく熱くて、なんというか読んでて2、3回泣いたよね。
少女たちが決死で頑張る姿というのは人を泣かせるパワーを持っていると思う。
ガールズ&パンツァーとか好きな人はこれ読んだら絶対ハマると思います。


先日2巻が発売されたそうで、そちらの表紙は不知火でしたね。
ぬいぬいはうちの第二艦隊旗艦なので今から楽しみです。
スポンサーサイト

 

ドラッグストアでこういうのよく見る


こういう絵いいよね

 

ギルティドラゴン


今日はソーシャルゲームの話。
今よくCMで見かけると思います、ギルティドラゴンというゲーム。



CMで「SRカイト貰える!」って言ってて
「へー、.hackシリーズとコラボなんだーもう完結したシリーズなのにそういうこともあるんだ」
と思っていたのですが、
始めてみたら完全にソーシャルゲーム版.hackだった。



というかゲーム開始時にこう言われる。

本作はプレイヤーがあのネットゲーム「The World」をプレイする、という設定のもとに作られていて、
非常に珍しいネットゲーム再現型ネットゲームとなっています。

「The World」とは.hackシリーズの舞台となるネットゲームのことで、
一見普通のMMORPGとして運営されていたものの、実は製作者の一人が仕込んだある秘密がゲーム内に隠されていて
その秘密を追ったり、その過程でプレイヤーが意識不明になったりログアウトできなくなったりしつつも、
モニタの向こうにいる「誰か」と力を合わせて戦う、というRPGゲームでした。

ネットゲームが普及し始めたくらいの頃から始まったシリーズで、
ネットとリアルの二面性を描写したシステムとか、仲間を呼ぶときはオンラインの相手にチャットを送るだとか、
普通では辿りつけないバグ領域が舞台になったりだとか、色々と新鮮なシステムがいっぱいでした。

こうやって振り返ってみると、ソーシャルゲームにピッタリな設定ですねこれ。


■キャラメイク

本作の珍しいポイントの一つがキャラメイク。
性別・髪型・顔と目の色を自由に設定してアバターを作ることができます。

と言ってもあんまりバリエーション無かったけど…。
ゲーム進めると解禁とかあるのかな?

せっかく「The World」を舞台にしてるんだから、クラスも設定できたら良かったのになー。


■クエスト

ここはまぁ、どのゲームでも大抵同じでしょう。
ボタン押してひたすら前進。時々アイテムを得たり、敵が出てきたり。
ここで考えることが多いと、ちょっとした移動時間とかにやるにも億劫になるからしゃーなしだな。


時々こんな感じでカードが手に入ります。
今回手に入れたのは「黄昏の腕輪伝説」に出てくるミレイユ。
この通り出てくるのは完全に.hack関連のキャラです。
もちろんオリジナルのキャラも居ますが。

低ランクのカードでも原作キャラはいっぱいいるので、その辺は安心。
もちろんランク相応の強さで、レアリティ高い方が強いんですが。




クエストを進めると、こんな感じで会話が入ることも。
今のところクエストで出会うキャラは皆本作オリジナルっぽいですね。
シリーズの浅いところしか遊んでないのでわからないですけど…。

この会話の感じも、オンラインゲームという設定ならではですね。


■バトル
他プレイヤーとのバトル、及びクエストのボス戦では戦闘になります。


割としっかりしたカードゲームテイストしてます。

デッキは4種(カードの属性3種+フリーポケット)×8枚で計32枚。
毎ターン手札が8枚になるようカードを引いて、出したいカードを場に出してアタック、
次のターンまた手札を補充して…という感じ。

基本的には「自分の攻撃力」「カードの攻撃力」「各種補正」「発揮値」
発揮値をぶつけあって勝ったほうが相手HPを削れるという流れ。


カードには剣・双剣・杖(術攻撃)の3属性があって、
手札からカードを5枚組み合わせて場に出して攻撃します。

まずターンの始めに、そのターン中のリーダーを選択。リーダーになったカードはスキルが発動できます。
その後合計4枚、手札からカードを選んで場に出します。
出したカードの合計値が攻撃力となるのですが、この時攻撃力に加われるのはリーダーと同じ属性のカードのみです。

違う属性のカードは場には出せるものの攻撃に加われないので、結果として捨て札扱いになります。
必ず5枚出さないといけないので、使いどころを待っているうちに手札が尽きて、切り札が捨て札になることも。


上記のとおり、最初に選ぶ1枚は「リーダー」カードとして、手持ちのスキルが発動できます。
防御力のアップだったり、回復だったり、相手の攻撃力を下げたり。

場に出すカードとの兼ね合いもあるので、
回復スキルを使いたいけど、そのリーダーを選ぶと攻撃に参加できるカードが1枚もない!とか、
リーダーとして出したい強いカードがいるけど、他に同じ属性のカードが無くて結果的に発揮値で負けたり、とか
上手くデッキ調整を求められるゲームシステムになっています。

雰囲気としてはロード・トゥ・ドラゴンに近いかもしれない。
同じ属性繋げて出せば大ダメージ、出せない時は死に札な感じ。


なので基本的には
・いい感じのリーダーを選択
・出せるだけ同じ属性のカードを選んで場に出す
・アタック!

という1ターンを繰り返す感じですね。


攻撃力に加わった(リーダーと同じ属性の)枚数分、コンボボーナスで攻撃力がアップします。
画像のときはリーダー含めて3枚出せたので、3コンボで発揮値1.3倍に。

またリーダーの属性(プレイヤーが使う武器)によっても相性補正があって、
勝ったと思っていてもあっさり覆されたりもします。
油断せず慎重に戦いましょう。


戦闘ではこんな感じで、アバター同士の戦うムービーも見られます。
まぁスキップもできるので、暇なときや新しい武器を手に入れた時は眺めてみましょう。
術攻撃のエフェクトとか結構かっこいいです。


■他
他にもソーシャル恒例の、プレイヤー間におけるアイテムの奪い合いだったり、
期間限定クエストだったり、
カードが手に入るガチャだったり、
他プレイヤーと協力できるギルドだったり、と基本的なシステムは抑えてあります。

カードの育成はそれも一般的なソーシャルゲームと同じなのですが、
本作は同じカードを2枚以上揃えて進化、みたいなのがありません。
スキルレベルを上げるのに同じカードが必要になりますが、実戦レベルで使うのには1枚引けばOK。
これはありがたい…。

あとは装備を手に入れるとアバターが実際に身につけたり、それでステータスが変わったりと
ブラウザゲームではちょっとできなさそうなところもしっかり作ってあるので、
とりあえず当面は引き続きプレイしてみようかなと思える出来栄えになっておりました。

ソーシャルゲームって本当「ストレスなく」「美味しいところが遊べる」のが大事だと思う。
本作のカードバトルは結構楽しく、デッキ構築の段階から考えるところが多くてやりがいがありました。

まぁ.hackというところで個人的な敷居が大きく下がってくれた感は否めないのですが。
全く知らないファンタジー系ゲームだったらやらなかっただろうしなー…。


■カード
最後にいくつかカード紹介して終わりましょう。


今ゲームを始めるともらえるカイト。
女神が与えたチカラとはあの腕輪のことですね。
コンボカウントは上で紹介した、発揮値を上げる補正のひとつ。
スキルレベル上げたいけどもう一枚…もう一枚か…。


最初に貰えるSRチケットで引いた揺光。
スキルレベル1でも、発揮値が最大500アップするわかりやすく強いスキル持ちです。
低レアリティのカードだとここで上昇する発揮値が30ポイントとかなので、
どれだけありがたい子かはわかるかと思います。
あと絵が良い。


しかし低レアリティにも原作キャラは登場してくれます。
このエンデュランスのスキルはファイナルブロウの軽減持ち。
ファイナルブロウとは手札が0になったとき発動する必殺技。
威力がバカみたいに高いので、そこを抑えることで一気に勝ちに近づけるのです。


もちろんカイトも登場。Nはマップ歩いてればたまに拾えるレベルのカードです。
ステータスやスキルは弱いですが、原作キャラが身近に手に入るのは嬉しいところですね。

武器パワーは上のバトル画面で見たとおりで、今の私のキャラだとわずか300なので、
スキルレベル1につき3ポイント強化というスキル。
揺光の強さが伝わるでしょうか。


こんな感じで、以上ギルティドラゴンの感想でした。
スマホでソーシャルのカードゲーム、というともうウンザリ感が漂う組み合わせなのですが、
本作はカード部分に結構凝っていて楽しかったです。
アバター作って、それがバトルで動くっていうのも新鮮だったしね。

最大の疑問はなぜ、こんなありがちですぐ消えそうなソーシャルゲーム感漂うタイトルにしたのか、なんですけど…。
素直に「The World」とか「.hack」の冠被せておけば、もっと早く飛びついたのに…。

「原作のあるタイトル」と見られると敬遠されたりとかあるんでしょうかね?

 

チロルチョコ


たまたま寄ったローソンでやってたので買ってきました。
というか、この缶パッケージのイラストが神々しすぎる…。


こんな感じで、缶に12個のチロルチョコを詰めて500円くらいだったかな。

チロルチョコにはそれぞれアニメのキャプだったり
描きおろし?かわからんけどデフォルメ絵だったりが印刷されています。
個人的な趣味でまどかとほむらのイラストに偏っていますが。

缶に好きなチョコを選んで詰めてレジに持っていく形式です。
自分がアニメ絵の缶にアニメ絵のチョコを選んで詰める様は客観的に想像したくないところですが。

チョコレートはそれぞれミルク、コーヒーヌガー、ビスケット味。
もっとあるのかもしれんけど、自分が選んできたのはその3つでした。


食べ終わった後の缶の使い道が絶妙に思いつきませんが、
美味しいしかわいいのでオッケー。

 

MG ガンダムX


16年の沈黙を越えてついに発売されたMGガンダムX!
これでついにTVシリーズのガンダム全てがMGになったのかな?

長年待たされただけあって、クオリティはとびきりです。
可動範囲の広さ、スマートな体型、色分け、パーツ構成、どれも文句なし。



背部のサテライトキャノンは結構重いのですが、支えナシでも自立可能。
とは言え重心は後ろによるので、足の角度やつま先でバランスとってあげましょう。

驚くべきはこのサテライトキャノン、合わせ目が出ないことなんだよ…。
背面に合わせ目あることはあるんだけど、段落ちモールドで演出されてるので全く気にならず。
というか普段見えない。



サテライトキャノンがある分、武器は少なめですねー。
シールドバスターライフルは縁の黒まできちんと色分け。差し替えナシでシールドに変形します。
今まであんまかっこいいと思ったことのない武器だったんだけど、MGの厚みとディティールのおかげでこれもかっこいい!


ショルダーバルカン。頭の横にガトリングがあるというのがちょっとこわい。耳とか火傷しそう。
さすがにこれは最中あわせして銃口部の蓋をつける3パーツ構成。
ここに神経注がれても組む時疲れるだろうけど。


大型ビームソードはさすがの迫力。
サテライトキャノン基部にある持ち手を取り外して装備します。
この「エネルギー有り余ってますよ」感のあるサーベルがとてもいい。
ターンAの超細い収束ビームサーベルの次に好きだ。全ビームサーベルで2番目だ。

シールドバスターライフルとビームソードは柄に穴が、持ち手にピンがついていて、
そこにはめることでかっちり持たせられる構造です。
もちろんピンのない握り手もあるので、対応しない武器も持つことができます。



各部のこれ(なんていうパーツかわからん)はクリアパーツに。
旧HGでは確かメタリックパーツだったよねこれ。
本編でクリア意識させるような演出あった覚えもないけど、X魔王意識してるんでしょうか。
まぁ色みの少ないガンダムなので、アクセントとしてはかなり綺麗でいいと思います。


リフレクターはプラとクリアパーツの間にホログラムのペーパーシートを挟んで光る構造。
七色に光るペーパーの反射光がクリアパーツで拡散されてめっさ綺麗です。
シールじゃないので簡単に入れ替えられるのもポイント。色セロハン入れてる作例とか見ました。


サテライトシステム基部はこんな感じ。
各部独立して回転し、サテライトキャノンを展開するときは全体を回転させて右手で持ちやすい位置に動かします。

ただここに一つ罠があって。


GXのフレームなどに使われるグレーのパーツは軟質プラで出来ていて、すごいもろいです。
ボキッと折れる感じでなく、写真のように白化して形が歪みます。
ちょっと他のパーツと干渉するだけでこんなになってしまうので、皆さん気をつけてください。



いざサテライトキャノン展開!かっこいい!!!1
肘・肩が柔軟に動いてくれるので難なく構えさせられます。


こんな感じで左手を添えることも可能。左手は添えるだけ…。
そしてやはり目を惹かれるのはリフレクター。縁のあたりが綺麗に光るのが素晴らしい。
光のアタリ方で淡白な色にも七色にもなるのがすごい。



最後にX魔王とツーショット。


ということでMGガンダムXでした。
シンプルなデザインラインを、下手に情報量を加えず「綺麗に」かっこよくなっている印象でした。
色分けも膝の赤やブレストバルカンまで完璧に分けていて、もう自分で手加えるところ無いな…ってレベル。
こんなクオリティの高いGXが現代にキット化されるとは、本当に良い時代になったものです。

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。