感想日記

カウンター
  • トップへ
  • はじめに
  • 過去ログ
本サイトへ
管理画面へ


ジャンル問わず、何がしかについての感想を書きます。ネタバレご注意です。



 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

劇場版アイカツ!

ちょっと調べたら「大スター宮いちご祭り」はあくまでストーリー中で出てくるイベント名であって
劇場版のタイトルそのものは「劇場版アイカツ!」のみらしい。
すっげえシンプル!


ということで一週間遅れですが見てきました。
同日妖怪ウォッチの映画が始まったおかげか、映画館内に人はすごいものの、シアター内はそこそこ。
男児のいないタイトルだったおかげもあってか、静かに見ることができました。
特定キャラの登場なんかでちょっと映画館内がざわつくのとかちょっと楽しかった。

ユリカ様のことなんですが。
この御方人気すぎるだろ…。


さて、アイカツ!は101話でバトンを渡して以降、TV版は主人公をあかりちゃんに切り替えて
時系列や舞台はそのままに新しいシリーズを継続していますが、
今回の劇場版は完全に「星宮いちごの物語・完結編」でした。

とは言え別にいちごちゃんのアイカツが終わるわけではないのは、テレビを見ていればわかりますが。

今回はTV版1話で美月さんのステージを見て始まった、美月さんといちごちゃんの関係に一端の終止符を打つ物語です。
そして、美月さんからいちごちゃんに託されたバトンを、あかりちゃんに繋ぐ物語です。
そうして、美月さんもいちごちゃんも、新しいアイカツ道を歩きはじめるのです。

2期後半のOPであるSHINING LINEの歌詞がそのまま、この映画のテーマになっていると思います。

いつでも 憧れが最初の道標
今 私達の前に 手渡しの希望があるね
受け取った勇気でもっと 未来まで行けそうだよ


美月さんに憧れてアイドルになったいちごちゃん、いちごちゃんに憧れてアイドルになったあかりちゃん。

美月さんに引っ張られて立派になったいちごちゃん、
そのいちごちゃんに見初めてもらってアイドルへの一歩を踏み出したあかりちゃん、と受け継がれていく希望。
劇場版アイカツは「継承」の物語です。

ライブの後、人の居なくなったステージの上で、この3人でSHINING LINEをBGMにしてのやりとりがとても良かったです。
SHINING LINEを聞いて「あぁ、このアイカツ2年目後半はこういうテーマの話なんだ!」と感じた全てがあの場面に詰め込まれていました。

美月さんからトップアイドルの立場を「奪い取り」、その立ち位置を受け継いだいちごちゃんにとっても、
いちごちゃんからマイクを手渡されたあかりちゃんにとっても、
いちごちゃんからもらった勇気で改めてアイカツを始めようと思えた美月さんにとっても、特別なライブなのでした。

映画ではしょっぱなのスターライト学園ライブで歌われたSHINING LINEですが、
できればあの3人のアンコールライブで歌って欲しかった…。


さて、テーマの話はこれくらいにして。

それにつけても今回の劇場版は全キャラオールスターって感じでしたね!
特にスターライト学園のメンバーは全員きちんと出番があって役割があって、
出番がばらつきがちなテレビシリーズでの不満をきっちり晴らしてくれた感じです。

特にしおんちゃんが(CGモデルがないから)テレビでの出番少なかったので、
今回ドラマパートでめっちゃ出番が多かったのはとても嬉しい。
しおんちゃんいいよね…。

他にも最近テレビで出番のないドリアカ組もちゃんと出てきてくれました。
あいにく「フレンド」はテレビ版の映像そのまんま(多分)だったけど、
久しぶりのチョコポップ探偵やおしゃれ怪盗スワロウテイル、それらをぶっ飛ばすヘリ参戦のマリアちゃんと盛りだくさんで。

そしてついに自分から衣装を着て欲しい、と参じた天羽先生。
先生…衣装の当日納品はご勘弁ください…。
おたくの弟子はきっちり仕上げてライブ当日余裕もって参上してましたよ…。


そう、劇場版はつばあかがすっごいキテました!
元々アイカツは色んな男性が登場してますが、今まで恋愛の気配を感じさせた人は一人もいませんでした。
が、今回の翼さんとあかりちゃんはちょっとそういう展開が想像できてもおかしくないんじゃ、という雰囲気。
おっちょこちょいだけど頑張るアイドル見習いと一流デザイナー、って少女漫画みたいだよね。

こっそりプレミアムドレスを用意しておいて、でもそれは言わずにおいて、
その上でいざその時が来たらそっと渡して応援してくれる。
正直この人とならあかりちゃんが幸せになっても応援できると思う。

他にも相談にのってくれる涼川さん、車出してくれるジョニー先生や、関係者席にいるスプラッシュ、
地下の太陽さん、みくる、両親、らいち、などこれまでのシリーズで登場してきたキャラクターたち総出演のオールスターぶり!
いちごちゃんのアイカツは色んな人との関わりで出来上がっていたんだなあと改めて気付ける素敵な構成でした。


以下萌えポイント

■ソレイユ三人でパフェ食べるシーン
 「それを言うのかい?」
 あおいちゃんと蘭ちゃんの二人で「あーん」して、二人分のスプーンを一口で食べちゃういちごちゃんの健啖ぶり。

■まさかの涼川さん
 「いちごちゃんをよく知っていて、音楽ができる人」
 最初はセイラちゃんのことかと思ったら、涼川さんだった。
 この人もシリーズの最序盤から今までずっと出てるんだよなー。正直涼川さんプロデュースのロックないちごちゃんも見たい。

■制服でのライブ
 花音さんに自分たちを知ってもらうための即興ライブ。
 もしかしてCGでスターライト学園の制服姿ってのははじめて?

■一人すごい勢いでパフェを食べるいちごちゃん
 花音さんと話をする席。全員で特盛りいちごパフェを食べることになって、
 他のメンバーが一口二口食べるくらいの時間でほとんど食べきる健啖ぶり。
 花音さん一口食っただけで完食諦めちゃったけど、あのあといちごちゃんが美味しく食べたと思う。

■「よっ!ほしみ屋!」
 さくらちゃんが急にいちごちゃん呼び捨てにして何事かと思った。
 パンフレットを見ると表題のとおり、屋号呼びだったことがわかります。
 あとさくらちゃんが担当になったパンフ、さくらちゃんが劇場で着ていたドレスのアイカツカードがついてきます。
 この営業上手!

■ユリカ様いじり
 特にあおいちゃんからのいじりっぷりが凄かった。
 とりあえずユリカ様オチにしておけばOKという場の空気がずるい。

■「バンジーーーーーー!」
 あかりちゃんが美月さんを探しに行って見つけるシーン。
 ケーキバイキングやウィンドウショッピングではなく、バンジーの最中に見つけるというのが実にアイカツ。
 これ二人の初対面だよな…

■マスカレードに挟まれるらいち
 中学生でこれは性癖歪むわ

■崖登り
 さすがに映画で崖は無しかー、と思っていたらあった。しかもイベントでやる生ドラマの最中。
 まぁアイドルだもんね。
 こう来ると斧が出なかったのが残念です。

■輝きのエチュード
 花音さんに作ってもらった、いちごちゃんの新曲。
 どう頑張って聞いても美月さんへのラブソングです。
 「同じ光の中 これからも私迷わないで歩いていける」
 いちごちゃんは美月さんを追いかけて、同じ場所に立って、これから先自分で行き先を決めて歩いて行くのです。

 そして注目はステージのライティング!
 強烈なライトから広がるステージ上の光と影のコントラストがめちゃくちゃ綺麗です。
 いつもよりずっと大きく、ステージ中に広がるいちごちゃんのアイドルオーラといい、
 いちごちゃんがトップアイドルになった瞬間を象徴するステージでした。

■Let's アイカツ!
 まさかあの3人でこの歌を歌うとは思ってなかった。
 ちょっと美月さん無理してないかって感じもするけど、これからアイカツがんばろう!って歌なので
 実はあの3人の心情には一番ピッタリな歌なのかもしれない。

■エンドロール
 これまでのED曲のメドレーだったのですが、最初に流れたカレンダーガールで耐え切れず泣いた。
 アイカツはやっぱりカレンダーガールだよ!この曲が一番好きだ!
 いつかTVシリーズが終わるときは最後みんなでこの歌を歌って欲しい。

■パンフレット
 
 キービジュアルとしてもう公開されてたけど、この3人でステージに立つ絵ってちょっとネタバレだよね。
 手前のは入場者全員が貰える、あかりちゃんが翼さんからもらったプレミアムドレスです。

 パンフレットにはまぁ、映画のパンフの常ですが公告がかなり多く。
 ちゃんとしたコンテンツとしては監督、副監督、キャラデザ、美術監督さんの描きおろし色紙イラストや、
 表紙の3人の中の人インタビュー、いちごちゃんのインタビュー記事、
 そして一番の見所だと思うのですが、らいちの書いたアイカツ新聞号外が掲載されています。
 本当にリアル中学生くらいの子が作った!って感じの手作り感ですごいですこれ。


ということで劇場版アイカツ!の感想でした。
まだ1回しか見てないので、正直拾いきれてないところもいっぱいあると思います。
できればもう一回劇場で見たいなー。
スポンサーサイト

 

GUNDAM BRAKER2 プレイ感想1

初回版を予約して買ったし、実を言うと1もやっていたりして。
まだ最初の3ステージやったくらいなので、ちゃんとしたレビューはあとでここに加筆しますね。


2になったガンダムブレイカーはもう何もかもが1からバージョンアップしています。

特にガンプラをはじめとしたグラフィックが格段に向上していて、正直緻密すぎてガンプラに見えない。
ヤフオクとかでウン十万で売れるモデラーの作った機体みたいになってます。

ハンガーも、機能が一箇所に結集していてばたばた走り回る必要がありません。
1のハンガーは最初の立ち位置とミッション受領と機体の調整全部違う場所だったからなー。
今回はその辺ノーストレスです。



いちいちハンガーを出ずともマルチプレイも可能に。
ハロがびゅんびゅん飛び回るのが見てて気持ちいいです。



基本的な部分は前作を踏襲しつつ、各所にディティールアップとブラッシュアップが図られている感じです。
画像は初回特典のジムカーディガンのパーツを使った俺ガンダム。
ビルドバーニングとライトニングはまだレベル足りなくて使えませんでした。


とりあえず前作と比較して気付いた点

・パーツがレベル制になり、☆によるランク制は廃止
 (育てれば大体同じくらいの戦闘力になるそうです)

・アクションのバリエーションがめっちゃ増えた
 ベースジャバーに乗ったり、カタパルトで飛んだり。
 攻撃アクションも全て作りなおされていて、サーベルの強攻撃とかめっちゃカッコいい!

・「ランナー」が実質無くなって、手に入れたパーツはミッション完了後即完成させる
 パーツ単品ごとのランク制が廃止になったので、ダブったパーツは処分されます。
 ここはちょっと味気ない気がした。

・基本的な世界観は「ガンプライベント会場で遊べるゲームで、架空のガンダム作品世界観を楽しむ」というもの。
 ウイングとエクシアがアークエンジェルに乗り込んで崩壊するコロニーから逃げようとしたらデンドロビウムが襲ってきた。
 何を言ってるかわからねーと思うが以下略。
 
 代わりに、前作の多人数共闘プレイのネットゲーム感がなくなってしまいました。
 僚機はガンダム世界のキャラで、プレイヤーが遊んでいる世界の登場人物です。
 前作も一応、上官とオペレーターはガンダム世界のキャラでしたが。

・射撃攻撃の仕様が変更。
 前作の「近接モード」「遠距離モード」がなくなり、 格闘は□・△で、射撃はL1で使い分ける形に。

・登場機体がめっちゃ増えた
 この辺はPVでアピールしているとおりですね。
 序盤から多様な機体が登場してて見てて飽きないです。

・ペイントが今までより細かくできるようになった。


ぱっと挙げられるのはこの辺りかなあ。
まだシステムも全解放してないし、これからですね。

プレイ感としてひとつ、前作の大雑把感がなくなってしまったのがちょっと惜しいです。

こうガンプラ同士でバトルしてズガーンバキーンズガガガガズバロロロダダドムゥって感じがなくなって、
なんというか見栄えがガンダムVSシリーズに近付いた感じがします。
SEがちょっと大人しくなったんだろうか…?
プラモぶっ壊す感がちょっと減っている気がしますね。

まぁまだ2時間も遊んでないのですが!

週末遊んだらまた更新します!



後ろのモニターでガンプラのCMやってる!
.

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。