感想日記

カウンター
  • トップへ
  • はじめに
  • 過去ログ
本サイトへ
管理画面へ


ジャンル問わず、何がしかについての感想を書きます。ネタバレご注意です。



 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COMPLETE SELECTION MODIFICATION カブトゼクター


当時、番組放送中に発売されたDXカブトゼクターを買って以降ずーーーっと思っていたんですよ。
カブトのベルト最大の魅力はあの「蛇腹状のベルト部分」だと。

DX版は本来子供向けの製品だけあって、塩化ビニール(多分)のノッペリとしたベルトを使っていて、
蛇腹もモールドで雰囲気だけ再現しているのみでした。
ベルトも腹囲50cmだか60cmくらいまでの人しか装着できなかったり。

そんな中、当時すでにコンプリートセレクションってシリーズはあって、
完全に大人向け本編で使われているデザインを再現
3~4万円という容赦無い価格オールOKとは言いがたい不満点が付いてくるという
いわゆる「完全版」の発売について微かな希望だけはあったのですが。

過去にはファイズギアなどがコンプリートセレクションと題して発売されていましたが、
このシリーズは大体30,000円前後という高価格商品で手が出しづらく、
またのちにネットでレビューを見てみると首をひねる仕様が多かったりと問題の多いシリーズでした。


が!

この度「コンプリートセレクション・モディフィケーション」という完全版+廉価という絶妙なシリーズで
ついにカブトゼクターが発売されました!
モディフィケーション、とは部分的な修正を意味する英単語で、
要は「大事なポイントに絞って本編再現を頑張る」かわりに「コンプリートセレクションより安価」というシリーズです。
販売はプレミアムバンダイの通販限定。今二次受注してるようです。

今回発売されたカブトゼクターは12,980円。
ゼクターは基本的に当時発売したDX版と同じものだが、代わりにベルトのデザインをしっかり再現してくれるという
私の望む仕様100%ど真ん中で発売されました。


というわけで以下カブトゼクターの話。



パッケージにはでかでかとカブトの大アップ。
梱包のダンボールにもロゴが印字されています。



蓋を開くとカブトの腰デザインの中蓋。ちょうど腰にカブトゼクターが収まっています。
公式ブログによると、当時のDX版のパッケージをモチーフにしてるそうで。
さすがにうちに当時の箱は残ってないですが…。



さっそくのカブトゼクター。
奥のが今回のコンプリートセレクションモディフィケーション版で、
手前が当時発売されたDXカブトゼクター版です。

造形は全く同じなので、基本的に違いはないですね。
よく見るとコンセレM版では一部塗装が追加されていますが。

そして写真では伝わらない部分なのですが、
コンセレM版はゼクターホーンがダイキャスト製になっています。
手に持ったときの重さは確かに高級感の演出になるんですが、角だけなので正直、重さのバランスが悪い。



そして今回の主役と言ってもいい、ベルト部分。
こいつ単体の呼び方ってあるんでしょうかね。



このベルトの重厚感!いやさすがに金属製ではないですが!
シブい照りといい緻密なパーツの連結構造といい、とにかくツボを刺激してくれます。



蛇腹パーツの中には布ベルトが通っていて、ベルト部分自体はこの布ベルトで装着します。
クロックアップスイッチも布ベルトにマジックテープ仕様。
まあここはしゃーなしだな。身につけたら見えない部分でカッコつけて価格跳ね上がっても嫌だし。


DX版のベルトと比べるとこんな感じ。
バックル部も塗装されて重厚さが増しているのですが、やっぱり見所は蛇腹パーツ。



さっそくゼクターを装着!
ゼクター本体のメタリックレッドとベルトの重厚感が見事なマッチング。
カブトが身につけていた様を思い出します。



中のLEDももちろん光ります。
ゼクターホーンを起こすとキャストオフ待機状態となり、待機音声が流れ続けます。



『Cast OFF!』
カブトゼクターのLEDは真ん中が緑なのがハイセンスで良い…。

ちなみに前述のとおり、ゼクターホーンのみダイキャストなので、身につけているとベルトが若干重みで前傾します。
やっぱこの仕様あんま嬉しくないよ!



装着部が同じ仕様なので、当時のDX版があればガタックゼクターも装着できます。
ゼクター自体は今見ても見劣りしないレベルの造形・塗装なので充分見られますね。



こっちも『Cast OFF!』

ちなみにガタックゼクターはゼクターホーンを倒しきったときに「ガチャコン」と角が稼働するSEが入っているのですが、
カブトゼクターにはそれがないんですよね(最初に角を起こす時は両方「ガチャン」言いますが)。
今回のコンセレM版でSEの追加ないかなーと思っていたのですが、ありませんでした。無念。


そして今気付いたのですが、
肝心の完全新規造形・新規SEであるところのクロックアップスイッチを撮影するのわすれました。
電池も別売で使えるものが手元にないので、後々追記します。
なおカブトゼクターの電池も別売です。今回は当時のDXカブトゼクターから持ってきました。



ということでコンセレM版カブトゼクターでした。
最後は手元にあるゼクターたちでしめ。トンボとハイパーゼクターとホッパーを買いそこねたのは未だに悔しい。
パーフェクトゼクターは悔しくない。

ゼクターはほぼ当時のままという点はありましたが、
DX版の完成度がもともと高かったのでそこはあまり気になりませんでしたね。
やっぱり、玩具化にあたって一番デザインがオミットされているベルト部分が本編を再現して出てくれたのが嬉しいです。
手に持って蛇腹部分を撫でているだけで多幸感に包まれます。脳の病院へ行け。

すでにWドライバーなどを発売しているコンセレMですが、今後も続いていってくれるのでしょうか。
個人的には大人サイズでイクサが欲しいところなのですが。
あれ手にはめてイクサ…爆現!やりたいよね。
スポンサーサイト

Comments


Body


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。