感想日記

カウンター
  • トップへ
  • はじめに
  • 過去ログ
本サイトへ
管理画面へ


ジャンル問わず、何がしかについての感想を書きます。ネタバレご注意です。



 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神様はじめました 第一話「奈々生、神様になる」

第一話「奈々生、神様になる」


原作は未見です。
アニメ化される少女漫画は総じてクオリティの高いものが多いので期待してたのですが、
その期待を裏切らない、面白いアニメでした。
大地丙太郎ですし、コメディのノリは安心できそうですね。


少女漫画におけるヒーロー(という言い方をするのかわからないが)の造形って、
やたらと腹黒系の強気な青年が多い気がします。
そういうの腹に抱えてるくせにヒロインに好意を寄せる、というのが良いのもわかるのですが、
個人的には少し苦手なタイプ。

巴衛はまさにそういう感じで、第一印象はちょっとなー…と思っていたのですが、
よく考えてみたら別に奈々生のこと好きでもなんでもないはずなので当たり前でしたね。
男性向けは男性が女性に好意を寄せるのが前提になることが多いので、勘違いしてました。

主人公である奈々生はたくましい女の子で、見てて割と気持ちのいい子でした。
今時そんなヒロインいないのかもしれませんが、か弱いタイプのヒロインは見ててイライラするので、
最後助けてもらったとはいえ、根性と工夫で鬼婆から逃げる様は結構かっこよかったですね。
出来れば、親父のせいで苦労してる、というシーンはちゃんと見たかったのですが。


男女がひとつ屋根の下で暮らすラブコメは正直かなり好みなので、
このアニメは今後も期待大です!
絵も清潔感あってヒロインかわいいしね







表情の豊かな女の子は可愛いよね
スポンサーサイト

Comments


Body


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。