感想日記

カウンター
  • トップへ
  • はじめに
  • 過去ログ
本サイトへ
管理画面へ


ジャンル問わず、何がしかについての感想を書きます。ネタバレご注意です。



 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GJ部 #3「GJ線上のキョロ」

#3「GJ線上のキョロ」

今世紀ナンバーワンかわいいアニメ「GJ部」も3話に突入です。
特段取り上げたり、読み解くべき要素があるわけではないので、
今回も可愛いに注力して可愛い可愛いしましょう。




最初のエピソードは、GJ部の正(見習い)部員に認められる話。
Wikipediaによるときちんと入部の際の話があるようなのですが、アニメではまだやってませんね。
2枚目の恵ちゃんの表情がすごい良いです。


配給されるGJ部バッジ。
先週まで、どころか今週の冒頭でさえ誰もつけていなかったバッジです。
押すとニャーって音がします。

ちなみにこのバッジ、この後のシーンでも誰もつけていません。





3話で最も色っぽいエピソードです。
西日が差し込む上にカーテンも無いGJ部部室は激暑。放送は1月。
スカートぱたぱたするめぐみちゃんと、髪をアップにして暑さをまぎらわせる部長がかわいい。
きらら3でさえ上着を脱いでいます。

はい、こっから怒涛のエロシーンですよ。


あまり暑さを感じていないしおんさん。
どうやら体温が低いおかげで暑さも気にならないようです。



ならば、と手の平でキョロくんを冷ましてあげるしおんさん。
ついでに可愛い後輩の体をさわさわします。
何このフェチズム!
かっこいい先輩のお姉さんに体をべたべた触られてノーリアクションのキョロは一体どうしたんだ。


しおんさんの下乳に執念を感じる。


時間を置いて恥じらうしおんさんも可愛い。
西日の演出なんでしょうか、色のコントラストや影の配置が普段より豪快で
画面の雰囲気が結構変わって見えます。

その上この一連のエピソードだけ作画がやたら気合入っていて、
髪の流れとか手の動きとかカット割りとかとても丁寧です。
ここだけループ再生したい。しよう。した。



「男ってのは、いつでも自分がモテると信じて疑わないらしい」
という俗説を確かめるために誘惑モードの部長。


正直珍獣としか思ってなかったのですが、この部長は悔しいことに可愛い…。
中の人のハスキーな甘え声も相まってすごい破壊力に。


真面目に受け取ってしまうキョロくん。
ここは「自分がモテると信じてる」からではなく、
「キョロが真面目ないい子だから」葛藤してるように見えました。
コイツ良い奴だよね。



俺だったらもう明日から部活行けないよ…。
上のカットの女性陣の目線の残酷さよ。パーンしてるシーンですが、意味なくつなげてみました。


この後すぐ反省して泣きながら謝る部長が可愛い。
というかEDで部長に降ってきていた白い丸い塊ってティッシュだったんですね。




部長が拾ってきたテレビを皆で見る。
OPでも追々出てくるであろう緑頭の子がテレビ見てましたね。
そしてきらら3まさかの野球好き設定?



虎を倒して今週はおしまい。

めぐみちゃんの出番が少なかった…のですが、
その分ほかの4人全員が可愛い回でした!

特にしおんさんのベタベタ自爆と、いじられて落ち込むキョロくんが可愛かった。
先輩にいじられて落ち込むなんてシーン、普通に見てると気分悪くなるシーンのはずなんですが、
そうならないってのは色々と見え方に気を使ってるんだろうなあ。
すぐにフォローに入るしおんさんとかいいよね。





EDがしおんさんバージョンに変化しました。
透明感の高い歌で、しおんさんのイメージにピッタリです。
しおんさん眼鏡超似合う…。


お茶を飲ませまくるめぐみちゃんでシメ。
キョロくんはこの数十秒のシーンだけで3杯も飲むことに…。

というか今更だけど、こたつって。
作り的にアニメオリジナルのシーンっぽいし、放送時期に合わせた家具の配置なんでしょうか。

そういえば、今週現れたはずのテレビが1話のこのパートから置いてありましたが、
これそのうち緑頭の子も最初から部室にいたってことで登場するんでしょうかね。

スポンサーサイト

Comments


Body


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。