感想日記

カウンター
  • トップへ
  • はじめに
  • 過去ログ
本サイトへ
管理画面へ


ジャンル問わず、何がしかについての感想を書きます。ネタバレご注意です。



 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バカとテストと召喚獣 11巻特典ドラマCD

バカとテストと召喚獣 11巻特典ドラマCD




買うタイミングを逃して、発売から2ヶ月近く経ってしまったのですが。

すげえいいところで終わった本編10巻の直接の続きです。
本編の話は、まぁネタバレしてしまうのも勿体無いので読んでください。

明久と雄二の友情ぶりとか、恋模様の進展とか、
それはさておき容赦の無い暴力が混じったギャグとか、
いつも以上に熱くて面白い展開になっています。

次が最終巻になるそうで、すごい楽しみな反面すごい勿体無い感じ。
短編ででも続いてくれるといいなあ。




というわけで中身。
ケースの中身は本、形を整えるダンボール箱。
CDは不織布でパッケージされています。

定価+1000円だとCDにこれ以上の装丁は望めないか。
多少値段上がっても、きちんとCDケースに収められる装丁の方が保管の都合上安心できるんですけどね。
絶チルは高かった分ケースしっかりしてましたし。


ちなみにCDの張り付いてる紙にはトラックリストとスタッフ名の記載。
キャストはご覧のとおりですが、明久の母ってもしかして初登場でしょうか。


収録されてるお話は
「僕とバイトと危険な週末」:原作3.5巻収録
「僕と子供と召喚獣」:原作9.5巻収録
ということで短編から2本。

原作を読んだことがある人ならばわかるかと思いますが、
どちらも男と男が絡み合う話です。


「僕とバイトと危険な週末」

 お金が無いのでみんなでバイトしよう!という話。
 ライトノベルでありながら「みんな」が男子4人という潔い構図。
 秀吉がいるおかげで男4人でも華やかに聞こえるのがずるい。

 単発エピソードになってしまった都合上、残念ながら常夏コンビのシーンはカット。
 「アイスミルクですが、現在ミルクを切らしておりますのでアイスとなります」
 「それただの氷だろ!?」
 「半額でかまいませんので」
 「金取るのかよ!?」
 はとびきり好きなやりとりだったので惜しい。

 それ以外はほぼしっかり原作再現かな。
 もともと長いエピソードではないので、原作再現度の高いお話でした。


「僕と子供と召喚獣」

 男同士で子供つくる話です。
 明久と雄二が子供を作ったり、秀吉が明久と子供作ったりします。

 もちろん子供をねだる姫路さんや島田さん、
 工藤さんに鼻血に沈められるムッツリーニ、
 子供をかまっちゃう雄二などしっかり抑えております。


さて、いずれも音声媒体であるおかげか、とにかくギャグのテンポが良いです。
アニメも元々ギャグ部分はしっかり面白かったのですが、こちらはよりテンポ良く面白いです。。

アニメは要らない改変や原作にないパロディネタ、
試召戦争の演出がゲーム的すぎて、見た感じ明久の特技が死んでたりと
ギャグが面白い反面、問題点も多いアニメだったのですが、
今回はそういうところもなく、原作に忠実なドラマCDでした。

12巻にもドラマCDついてくれるといいなー。
スポンサーサイト

Comments


Body


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。